←HOMEに戻る

★TOP(まえがき)

★経路・旅支度
(〜2003年9月6日)
想いは募ったり疲れたり

1日目
(2003年9月7日)
出発
2日目
(2003年9月8日)
一日だけの九州男児
3日目 屋久島1日目
(2003年9月9日)
到着!屋久島
4日目 屋久島2日目
(2003年9月10日)
一日中、屋久島
5日目 屋久島3日目
(2003年9月11日)
台風が来る
6日目 屋久島4日目
(2003年9月12日)
台風の日の過ごし方
7日目 屋久島5日目
(2003年9月13日)
白谷雲水峡
8日目 屋久島6日目
(2003年9月14日)
縄文杉に会いに行く
9日目 屋久島7日目
(2003年9月15日)
屋久島よさようなら
10日目
(2003年9月16日)
九州もさようなら
11日目
(2003年9月17日)
大阪も住めば都か?

あとがき

屋久島情報

屋久島Photo



家族に言われる。「あんたいつ出発するのん?」アレ!そういえばそうだなあ(笑)
経路も決めて行く準備も出来たので、あとは自分でいつ出発するのか決めるだけなんだよなあ…と、言われた時には準備万端のまま数日が過ぎていた(^^;)
そうかそうだよな、このままじゃズルズルと過ぎちゃう。やっと重い腰が上がる。
……ヨ、ヨオシ!9月7日(日)に出発しちゃおう!よし、そうしよう。決めちゃわないといつまでたっても行けやしないし。9月7日ってのも適当だしフェリーのチケットを取ったのもたしか前日だったような気がします。
予定を決めない旅とはこんなものか(違う気がする、笑)




そんなこんなで9月7日の朝。ごくごく普通に目覚める。
「あ、今日出発か」
当日になってものんきな私を動かしたのは、キャンセルしたらお金を取られるフェリーの予約番号だけだった(笑)
本日わかっている予定としては大阪南港19:30発の宮崎行きのフェリーに乗る事だ。乗船はだいたい18:00か18:30くらいからだろうけど、出来れば早めにいって待ってるぐらいの方が良いなあ。なので17:00くらいに地元を出ればいいか、と計算され尽くした予定を頭に叩き込む。

荷物も揃ってるし買い忘れてるものも、まず無いと思われる。
だがここで一番大切な仕事があるのだ!それは「バイクにサドルバッグ(カバン)を取り付ける」事である。バイクの知識がちょっとでもお有りの方ならわかると思いますが、サドルバッグというのはハーレーダビッドソンなどのアメリカンタイプのバイクでよく見かける、後輪の左右(片方の場合もあります)に振り分ける事の出来るカバンの事です。今見せてもいいんですが後で写真が出てきますので、後で(笑)
そのバッグが私の乗っているエストレヤという車種では市販されてるサドルバッグの大半がセットしにくいんです。そこで苦肉の策から考えだした方法が「革ヒモで車体にくくりつける」ことです。早速、東急ハンズでヒモを買ってみたものの絵空事なだけに、旅に出るまでには荷物も入れた状態でテストしとかないとな〜とか思ってたんですが、結局は空っぽの状態で1回だけ試したものの、本チャンで取り付けするのは本日が初めてでございます!(笑)ハッキリ言って無謀です。ヒモでくくりつけてようが荷物があると重みで車輪の方へ寄ってしまう恐れがあるからです。ヒモをキツーく締めて荷物も入れてみる…………何とか頑張ってる(汗)
▲我が愛車エストレヤRS、どノーマルです
走り出して、バッグが車輪に巻き込まれた事を考えるとゾッとするが今さらである。
以上、一抹の不安もありながらもとうとう出発当日にして準備完了!




近畿圏をほとんど出ない私が、遠く離れた屋久島に行くとはまだまだ他人事だったんですが、とうとう夕方になってしまった。時刻は17:20すぎ。17時には出ようと思ってたのですが20分ばかり過ぎてしまった。まあ余裕見てるからいいんだけど時間ギリギリだとアウトだったな(笑)
最終確認……荷物その他全部ヨシ。携帯電話も…電池が2か、まあいいだろう。

この携帯電話の電池残量が屋久島での生活をガラリと変えるとは、この時に知るよしもない私は家族にせかされながら予想以上に多い荷物を載せたバイクで港へ向かう。

ブオーーーーーーーーン!(バイク移動中すでに一ケ所道を間違えかける、汗)
……。「以外と早く着いたな。」18:00ごろには着いていました。とりあえずサドルバッグは無事だったみたいです。さ〜て今から乗る船は、大阪南港かもめフェリーターミナル19:30発〜宮崎8:20着のマリンエクスプレスって船だ。もう着いてるのかな。
おお!目の前に見えるのがそうじゃないですか。これに乗って、とりあえずは人生初の九州入りを果たすわけですな。私は船旅って普段馴染みが無いだけに余計に「旅するんだ〜」って気分になっちゃいます。
とはいえもう搭乗始まっちゃうんじゃないのと、感傷に浸ってもいられないのでとりあえずターミナル内のマリンエクスプレス窓口に行く事にしました。
「あのー予約してたんですけど。番号は…」
手続き完了。窓口の人が「あれ?この人、予約してたんだ」みたいな感じだったので、何だか雰囲気的に予約の必要も無い気がした。まあ夏休みじゃあるまいし月曜日の朝に宮崎に用事のある人ってそんなにいないのかもしれない。搭乗出来るようになったらお知らせするとの事。この時間でも早かったんだなー。予定どおり出発してたらすごく待たなくてはいけない所だった。
しばらく乗り場の周辺をウロウロする事に。ふと私のバイクが止めてある所を見るとマイバイクを入れて合計3台のバイク。ちなみにいちばん右が私のバイクです。

↓拡大

3台とも単気筒ですか。しかもよく見ると3台のうち2台がエストレヤです。うわ〜確率高いなあ。
しっかし何ですなあ。同じ宮崎まで行こうというバイクなのに私だけ荷物がドッチャリ(^^;)

・でかいリュック(撮影時、本人が背負ってる)
・タンクバッグ(前部)
・ネット(青い寝袋とかが見えてますね)
・サドルバッグ
(これの事です!この中も荷物ギッチリ)

まあ屋久島まで行くんだけど、それにしても荷物もうちょい減らした方がよかったかな。日本一周するみたいな勢いになってる〜。
多分、前ページのとおり余計な荷物がいっぱい!?

…。……。………………。
しばらく、というか結構待って結局搭乗出来たのが徒歩の人と運送屋のトラックが乗り終わりかけて、やや暗くなってきた19:00。結局バイクは計5台ぐらい。
駐車場から客室に上がるのも初めてなのでドギマギしながら客室につく。
どうせ船は移動手段なんだから、と自由席の二等客室にしていた。大体の人はそうみたいだ。
ひとつの棚に対して一人みたいで、それぞれ枕と毛布が並んでる。ちなみに下は薄い絨毯。船に乗るのも何年ぶりかなので、前もこんなもんだったかなと思いつつ、とりあえず場所を確保して客室を出る。
バイク&船という事もあり、とりあえずは家に安否の電話を入れる(笑)







19:30頃だったろうか。船がブルブルと震え出した。出港だ!
しばらくすると旋回しているのか、にわかにあわただしい感じに。ものすごく体に響く船の揺れが、私のこれからの旅を思う胸の高鳴りをいっそう強いものにした。

船はぐるーりと回ってやっと前進。しばらくすると揺れも先ほどよりは弱くなった。
携帯電話の位置情報を見ているとコロコロと変わって面白い……。
ひとたび港を出れば、お客である私はゆっくりと宮崎着を待つばかり。
明日からはどんな旅になるのだろうか。


行く前に持たされたオニギリと缶詰め(携帯で撮影)と
遠くなる大阪の夜景(見えやしねえ)



←経路・旅支度へ:BACK NEXT:起きるとそこは?→




1日目の時系列順おこずかい帳
ペットボトル(boco)南港 150
宮崎行き(マリンエクスプレス) 8,380
二輪車代(マリンエクスプレス) 3,050
船のペットボトル(アクエリ) 180
船のカップ(カルピスソーダ) 170
そのカップで水を飲む(笑) 0
11,930
(うち飲食500)

CopyRight(c)2004 All rights Reserved by pori-bucket.com/Aki-o